わきがクリームを使い続けてみて分かってきたことがあります。

それは、塗り方を失敗すると効果が著しく半減するということ。

塗り方にはいくつか注意点があります。

ちゃんとメーカーの公式サイトを読めば書いてあることでもあるんですが、僕の実体験から得た学びも含めて書き残しておこうと思います。

わきがクリームを買ったけどいまいち効果を感じられない人や、これから使ってみようと思う人は正しい使い方をチェックしておくと吉かと思いますので、参考にしてみてください。

塗る前にキレイにしておく!

当然っちゃ当然なんですけど、クリームを塗る前に患部をキレイな状態にしておくことが重要です。

ちゃんと風呂に入ってボディソープで脇をキレイに洗って、臭いを落としておくことです。

わきがクリームには消臭効果もあるとは思いますが、基本的には新しく発生しようとする臭いを抑えるものと理解しておいた方が良いです。

実際使っていて、風呂に入ってからクリームを塗った時のほうが明らかに臭いの発生を長時間抑えている実感があります。

クリームを塗る前に、ワキガの臭いを発生させる細菌のエサとなる汚れを落としておくことで、効果が出やすくなるという効能もあるんだと思います。

水気は拭き取っておく!

風呂に入るだけじゃあ、ちょっと準備が足りない。

ちゃんと水気を拭き取ることも忘れてはいけません。

お風呂の水気もそうですが、風呂上がりには汗も出てくるので、汗も残さないように注意が必要です。

濡れた皮膚にクリームを塗ると薄まってしまうのか、効果が薄くなります。

適量を塗り込め!

塗る量をケチらないことも重要です。

個人的な体験としては2プッシュと3プッシュで効果に大きな違いを感じています。

まぁ、室内でじっとしていて服を着たまますごす程度なら2プッシュでも十分なんですけど、いざというときは3プッシュが最低条件です。

じゃないと不安で戦えません。

脇毛に邪魔されてないか?

上に書いたことを完璧に実践しても、うまくいかない場合があります。

僕が考えるに、その原因が脇毛です。

クリームを塗り込む時に脇毛が邪魔して皮膚に届かないことがあります。

急いでいる時に雑に塗り込もうとした時に起こりがちです。

一度に広範囲に塗ろうとして、手のひらにクリームをとってそのまま手のひらで塗り込むとかなり毛に邪魔されることになります。

指先で叩くようにして、なるべく毛にクリームを付けないように皮膚へコンタクトするのがコツです。

指先で皮膚になじませてから塗り込むと良いかと思います。

まとめ

結論として僕が現時点で正解だと考えている塗り方をまとめます。

1.風呂に入って体を清める

2.水気をよく拭き取る

3.汗にも注意する

4.毛に邪魔されないよう

5.複数回に分けて指でポンポンと皮膚にクリームをつける

6.量はケチらず3プッシュ!

ぶぶんご

勝負の時は丁寧にやろう!