question_head_boy

ワキガの対策は、症状の重さや金銭面に合わせて、色々な選択肢の中から自分にあった方法を選ぶことが大切です。

ワキガの対策にはどんな種類があるのか、それぞれのメリット・デメリットはどうなのか、についてご紹介します。

ワキガ対策の種類

ワキガのニオイを克服するための対策は色々な種類があります。

効果があると言われている対策とそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

ワキガ手術

ワキガ手術にもいくつか種類があって、医師が部位を直接見ずに機会に頼って行う非直視下手術と、部位を直接確認しながら行う直視下手術の2種類に大別できます。

それぞれ、治療完了までのスピードや、傷跡の残り方、再発のリスクなどが異なります。

これらは、汗腺を除去する手術ですが、他には汗腺の機能を停止させるボトックス手術という方法もあります。

ワキガ手術のメリット

ワキガの原因は、脇の下などに存在するアポクリン汗腺から出る汗を皮膚の常在菌が分解することです。

ワキガの原因とニオイ発生の仕組み

ワキガの症状を完全に治すには、ニオイの元になっているアポクリン汗腺を取り除く手術が必要です。

デオドラントは、汗そのものの発生を抑制したり、分解する菌の繁殖を抑えることで、ニオイの発生を防いでいます。

この方法では、ワキガの原因そのものは残ったままですので、ワキガを治すのとは意味合いが異なります。

一方、ワキガ手術は、ワキガの原因である汗腺そのものを除去する手術ですので、成功すればワキガの根本的な治療が可能です。

ワキガのニオイを抑える対策方法では、抑えるのを止めるとニオイが元に戻りますので、やり続けなければいけません。

しかし、手術は原因が取り除ければ、その後の対策が不要になり、ランニングコストが一切かからなくなるのが最大のメリットです。

ワキガ手術のデメリット

ワキガ手術も完璧ではありません。

ワキガ手術のデメリットは、いつくか考えられます。

・治療費が高額になること
・100%成功するわけではないこと
・副作用・再発の可能性もあること
・キズが残る場合もあること

手術はワキガを根本的に治療する唯一の方法ですので、メリットは大きいですが、リスクも大いにあることを認識しておく必要があります。

得られるメリットと、副作用や再発のリスクをよく比べて、それでも必要だと思う方だけが手術を受けたほうが良いといえます。

個人的には、ワキガレベルが中~軽程度の場合、手術をするのは金額の割にリスクが大きく、期待値を下回ってしまうのではないかなと感じています。

デオドラント

デオドラント(英: deodorant [※ 1])は、体臭や汗の臭いを防いだり、取り除いたりする薬剤。 日本標準商品分類では制汗剤(アンチパースピラント、英: antiperspirant [※ 2])とともにデオドラント用品に分類される。
Wikipedia-デオドラント

市販の制汗スプレーや、ワキガクリームなどの総称が日本では、デオドラントと言われています。

デオドラントの種類は多種多様です。

スプレー、ロールオンタイプ、クリームタイプなどなど。

デオドラントは効果から考えて大きく分けると、市販と医薬部外品を含む通販専用のデオドラントに分けられます。

市販のデオドラントは通常の汗臭さには効果があるかも知れませんが、ワキガにはあまり大きな効果は望めません。

特に制汗スプレーに関しては、ワキガを抑える力はないと考えても問題ありません。

これはワキガの症状が軽くてもです。

市販品であっても、デオナチュレやBANなど塗るタイプのデオドラントであれば多少の効果は感じられますが、長時間ワキガのニオイを抑えることは難しいというのが実情です。

本格的な通販専用のワキガクリームは、中~軽度のワキガであれば、一日中ニオイを抑えることも可能なほど効果があるものも存在しています。

比較的症状の軽い方には、ワキガクリームの使用をおすすめします。

デオドラントのメリット

デオドラントでの対策は、手術に比べて圧倒的に費用が少なくて済みます。

また、通販での購入であれば誰かにバレる心配もほとんどなく、導入するまでのハードルが低いことがメリットです。

通販専用のワキガクリームは中~軽レベルのワキガであれば、かなりの効果を感じられると思います。

手術にかかるイニシャルコストとリスクを考えると、圧倒的にコストパフォーマンスの高い対策方法だと言えるでしょう。

デオドラントのデメリット

デオドラントで対策するデメリットは、日常的に対策を続ける必要がありますので、手間に感じる場合もあるかも知れません。

また、どうしてもデオドラントが無くなったら買い足さなければならず、ランニングコストがかかることもデメリットです。

特に、今まで本格的な対策を行ったことがない人からしたら、ワキガクリームは高額に感じることと思います。

当サイトでは、なるべくリーズナブルなワキガの対策を考えることをコンセプトとしています。

おすすめの対策方法は、市販の中でも効果の高いデオナチュレなどのデオドラントと、ワキガクリームを使い分けること。

毎日使ったら1ヶ月でなくなるワキガクリームも、ここぞという時に使うようにすれば、数ヶ月持ちます。

適度にワキガクリームでケアしてあげると、市販のデオドラントでもワキガのニオイを抑えられるようになります。

ワキガクリームは殺菌力も抗菌力も強いので、市販のデオドラントの効果も引き上げてくれていると感じています。

ワキガに効く生活改善

生活習慣とニオイは関係があります。ニオイが臭くなる生活習慣や、菌の繁殖を抑えるための生活習慣があります。

残念ながら、生活習慣の改善でワキガが治る訳ではありません。

しかし、悪い生活習慣を続けていると症状が悪化しますので、知識としては仕入れておいて、日々気をつけていたほうが良いのは言うまでもありません。

生活習慣の改善は、大きく分けると食生活の改善と、身体の衛生状態の改善に分けられます。

食生活では、脂質の多い食物、特に動物性の脂肪を摂りすぎるとワキガのニオイが悪化します。

また、肌の抵抗力を高め、新陳代謝を促進するビタミンAを摂取することはニオイを抑えるために有効です。

身体の衛生状態を保つためには、お風呂の入り方を工夫することです。

入浴は新陳代謝を高め、肌を衛生的にし菌の繁殖を抑える効果が期待できます。

生活習慣改善のメリット・デメリット

そもそも異性にモテるためには、身体を清潔に保つことは必須というか、そうじゃなきゃむしろ相手に失礼ですので、風呂に入って身体を清潔に保とうなんて、メリットデメリット以前の話しですよね..。

ワキガの僕たちは言うまでもなく毎日風呂に入ります。

食生活に関しても、何も一切の脂質を許さないというわけではなく、摂りすぎに注意って話です。

デブ専目的なら知りませんが、普通に太らないような食生活と運動をしていればいいんじゃないでしょうか。

ワキガは体質だけど、油取り過ぎの汗臭さは甘え(遺伝の肥満体質は除く)。

僕達が遺伝でこんなに苦しんでるのに、好きなもん食いまくって汗臭さ増してるなんて、なんだか許せないんですが、これって僕だけですか?

僕たちは、当然怠惰な食生活に溺れることはありません。

なんか、趣旨がズレてしまいましたね。取り乱しました。

ワキガレベル中~軽程度の方におすすめの対策は

僕と同じようなワキガレベル中~軽程度の方におすすめの対策は、本文でも触れたとおり、ワキガクリームでワキガのニオイを抑える方法です。

市販のデオドラントと組み合わせて使えば、ランニングコストを抑えることも出来ますし、効果は本当にびっくりするくらいありましたので、いざという時に安心です。

数十万払って、失敗のリスクを抱えて手術するよりも、ワキガクリームであれば十分にニオイを抑えることができますので、上手くワキガと付き合っていくほうが確実だと感じています。

ワキガクリームの効果は以下の記事で詳しくレビューしていますので、ぜひ参考にしてみてください。
↓ ↓ ↓
【クリアネオの体験談】ワキガクリームの注文から使用感、実感した効果をレビュー!